資料請求・モデルハウス見学予約

2019/02

「高屋の家」美しい手仕事のある住まい

来月から高屋で新たな工事が始まります。

お施主様は五右衛門風呂のある素敵なお住まいに暮らしていらっしゃいましたが
年々、北側の寒い台所や水回りを使い続けることが大変になり、耐震についても不安を持たれていました。
“安心して住みやすい家に暮らしたい”というお気持ちから、今回「建替え」を選択されました。
築60年近くになりますが、味わい深く美しい手仕事が残っていて
当時の職人さんの高い技術力や、お施主様が日々大切に暮らされていたことが伺えます。

思い出が詰まっているお家を解体することは心苦しいですが
また私たちが心を込めて作っていこうと一層身が引き締まる思いです。
そして、また時を刻むごとに美しく感じていただける仕事を目指していきたいです。

広島大学へ行ってきました

ここ数日は随分冷え込みが厳しくなり、もうすぐ訪れる春がより一層待ち遠しく感じます。

先日、広島大学で日本語・日本文化特別研修の講師として
留学生の方向けに「日本の建築」というテーマで講義をしてきました。
実は3年前より、地域に根ざす工務店として日本の気候・風土に寄り添った住まいと習慣、
日本の伝統建築の工法や、施工事例の魅力・特徴についてお話をさせていただいております。

木の心地よさを実感してもらおうと、講義のなかでは鉋を使ってヒノキを削る体験も。
削った木の面を触ったときに分かる滑らかさ、ヒノキの香り・・・
「良い匂い!」と、木くずを持ち帰られる学生さんたちも多くいらっしゃるほど。
この機会に木を生かした日本の建築について少しでも感じるものがあれば幸いです。

こうしたプログラムに携わる機会をいただき大変感謝しております。
彼らがこれからさらに自分を高め、いずれは日本との架け橋になってくれればと願います。